時代を読むには、本屋さんへ。

私はよく本屋さんへ行くのですが、本屋に行くと今がどういう時代なのかが手に取るように分かって面白いです。

お金があまりないので、本を買うことは少ないですが、どのような本が売れているのか、新刊はどんな内容なのか、それを見るだけでも、今の社会が求めているものが分かるように思います。

特に好きなのは、料理の本をみることです。
最近気になったのは、痩せる作り置きおかずの本です。
何冊かシリーズ化されていて、よく売れているようですね。

表紙に実際に痩せたひとが写っていて、こんな風に痩せられるならと購買意欲がかきたてられます。

この本のポイントは、『痩せる』と『作り置き』ですね。
『痩せる』は女性の永遠のテーマ。
それも出来ることなら、楽して、食べて痩せたい。食べても太らないおかずがあるなら作りたいという需要は大きいはずです。

もう一つの『作り置き』は、忙しい女性の味方。
最近は仕事に出ている女性も多いですし、そうでなくても子育てなどで忙しかったら、作り置きおかずは便利です。

最新の本で、今を知れる本屋にまた行こうと思います。